金利って??


金利の基礎知識や金利の仕組みなどを書いています。



固定か変動、どっちがおトク?

家を買おうとされている方が住宅ローンを借りる時の一番大きな悩みって、
固定金利にするか変動金利にするかだと思います。

管理人としてはどちらにもメリット・デメリットがあるので
「こっちの方がおトク!!」とは断言しづらいというのが本音です(汗)
でも、皆さんそれぞれに合ったものがあるはずなんです。

これから固定金利・変動金利について出来るだけ分かりやすく書いていきます。
自分に合う金利を選択する際の参考になれば幸いです♪



●固定金利
名前通り、金利が固定されているので安定しています。

メリットは、いくら返さなければならないのかが明確なので
変動金利と比べると返済の計画を立てるのが簡単なところです。
ただ、金利が少し高めに設定されているので
変動金利よりも返済額が高くなってしまう可能性があります。

●変動金利
こちらは固定金利とは逆で、金利が変動します。
変動する基準は、プライムレートです。

変動金利のメリットとしては、固定金利と比べて金利が低く設定されているので
固定金利より少ない返済額で済む可能性があるところです。

ここで注意してほしいのは、
少ない返済額で済む「可能性がある」
という点です。

返済額が固定金利より「多くなってしまう可能性」もあります。

このように、金利が変動し最終的な返済額が分からないことから
計画を立てづらいということが変動金利のデメリットですね。

・・・どうでしょうか?
どちらも優劣がつけがたいですよね。。

計画を立てて、コツコツと物事を進めていくことが好きな方は
固定金利向きかもしれません。
また、返済額が少なくなるかもしれないという可能性に賭けてみたいという方は
変動金利を選んでみてはいかがでしょうか。



どちらにせよ金額が大きいので、
誰かに相談しながら慎重に合うものを選んでいただきたいです。



Topページ



Copyright (C) 2013 金利って?? , All rights reserved.