金利って??


金利の基礎知識や金利の仕組みなどを書いています。



目的に合った口座選び

預金金利にもいくつか種類があります。
それぞれの特徴を知った上で、自分にはどれが合っているのか考えてみてください!

◇普通預金
一般的な預金と言えば、普通預金ではないでしょうか。
預金も引き出しも好きな時に出来ます。

便利なんですが、利便性を最優先にしているので金利は一番低いです。
使うけど手元に持っておくのは不安 というお金を預けるのに最適です。

◇定期預金


定期預金は普通預金の反対と覚えてもらえれば良いと思います。
一定期間内引き出しをしないという約束をする代わりに
普通預金よりも高い金利になるというものです。

経つ時間の長さに比例して金利も高くなるので
長期間で貯金を考えている人にはおすすめです。

どうしても引き出さなければいけなくなった場合、
約束を破ってしまうことになるので一番低い普通預金よりも
低い割合の金利が適応されてしまいます。

◇貯蓄預金
貯蓄預金は普通預金と定期預金の間と言ったら分かりやすいでしょうか。
好きなタイミングで引き出せるのに、普通預金ほど金利は低くありません。

金額別金利型
金額階層別金利型
貯蓄預金の場合、金利は2種類に分かれます。

金額別金利型の場合、口座に一定額預けられていたら高い金利が付きます。
金額階層別金利型は金額別金利型よりも細かく
何階層にも分けて金利が設定されています。

じゃあ普通預金なんていらないんじゃない?
と思った方もいるかもしれません。

しかし、もちろんそんなことはありません!

貯蓄預金は自動支払い・受け取りの口座としては
使用できないというデメリットがあります。



自分に合うものを選ぶ参考にはなりましたか?
預入の金額によっては差が出てくるので検討してみてください。


Topページ



Copyright (C) 2013 金利って?? , All rights reserved.